高度生殖医療で待望の赤ちゃんを授かる|不妊で悩まないようにできる

妊娠率が高い不妊治療

カップル

体外受精は、妊娠する確率が高いので、名古屋でとても人気のある治療法です。体外に取り出した卵子と精子を受精させて、子宮に戻す治療方法です。採卵の際は痛みを感じないように、麻酔注射、全身麻酔を行ってくれます。なので、最低限の痛みをなくしてくれます。

Read More

安心できる出産のために

妊婦

大阪の都心部の産婦人科は出産の設備がないことが多く、あらかじめ郊外や北摂地域の設備が整った病院を探しておくことが大切です。急な陣痛に対処できるよう、病院への交通手段や応急処置の方法に関する情報を集めておきましょう。

Read More

そろそろ検討したい

女医

体外受精に踏み切るか

不妊治療を長く続けていてなかなか妊娠に繋がらないと焦る気持ちも高まり、毎月、叶わぬ思いと葛藤している方も多いと思います。排卵日を正確に予測するタイミング療法や、子宮内に精子を注入する人工授精で妊娠に繋がらないケースや、卵管閉塞など卵管に疾患がある場合、精子の数が少ない場合などは早期に医師から高度生殖医療を勧められることがあります。勧められない場合にはいつごろ体外受精をはじめとした高度生殖医療の開始に踏み切るか、このままの治療で継続し妊娠を狙っていくか見切りをつけるのが非常に難しく悩む方も多いです。不妊に悩むご夫婦のうち高度生殖医療に踏み切る方は実に半数を超えると言われており、高度生殖医療の技術が少子化の防止に役立っています。

流産のリスクを軽減させる

体外受精と言う言葉は耳慣れていて、不妊治療に縁のない方でもよく聞句と思います。タイミング療法などの不妊治療がダメだったら、体外受精しか選択肢がないように思っている方も多いですが、高度生殖医療は体外受精だけではありません。高度生殖医療には体外受精、配偶子卵管内移植、接合体卵子管内移植、卵管受精卵移植、卵細胞質内精子注入法、凍結融解胚移植など様々な方法があります。より自然に近く、流産のリスクも低いので配偶子卵管内移植をされる方もいますが、体外受精と同じ方法で卵子と精子を取り出し、受精させずに卵管内に戻す方法です。卵管が正常であることと、精子が1000万/ml以上であることが必須条件ですが、流産のリスクが低くより自然に近い方法で妊娠が可能となります。

妊娠中の食品

看護師

妊婦は貧血になりやすいため、貧血予防のためにヘム鉄や鉄分の吸収を助けるタンパク質やビタミンCを意識した食事をとりましょう。また赤ちゃんに食品中の細菌や病原体の影響が起きることがあるため、魚介類に含まれる水銀や食中毒にも気をつけなければなりません。

Read More