妊娠率が高い不妊治療|高度生殖医療で待望の赤ちゃんを授かる|不妊で悩まないようにできる

高度生殖医療で待望の赤ちゃんを授かる|不妊で悩まないようにできる

妊娠率が高い不妊治療

カップル

名古屋では、不妊治療を受けるカップルが増えています。人工授精など不妊治療は複数ありますが、最後の砦といわれるのが体外受精です。体外受精とは、体外に採り出した卵子と精子を自然に受精させます。そして、受精卵を子宮内に戻すことで、着床を期待する不妊治療です。妊娠率が高く、革命的な治療といわれているのです。ただ卵子を採卵針で取り出すので、施術における痛みを心配する方が多いです。名古屋のクリニックでは、痛みを抑えるために、座薬か注射の痛み止めを使います。痛みを感じやすい場合は、局部麻酔や全身麻酔を使用することもできます。ただ1つ覚えておいて欲しいのは、痛みは人それぞれによって感じ方が違う事です。局部麻酔を使っても痛みを感じる、麻酔がなくても痛みがないなど人によって異なります。なので、実際に受けてみないと分からない事を覚悟したほうが良いです。

不妊治療を行っている人の一番の気がかりは、施術にかかる費用についてです。不妊治療は、健康保険が適用される治療も多くあります。ただ体外受精の場合、名古屋のクリニックでは保険が適用されないです。なので、治療で用いられる薬剤、施術費はすべて全額自己負担となります。 名古屋にある大学付属の病院だと、体外受精を10万円という安い費用で行ってくれます。しかし、不妊治療の専門クリニックでは、総額60万円くらいかかる事も少なくないです。中には100万円を越えるクリニックもあります。名古屋では、体外受精などの特定不妊治療の場合、特定不妊治療費助成制度が適用されます。不妊治療にかかった費用の一部に助成金が支給されるので、便利に活用すると良いです。